気軽に使える

大きなビル

電話代行導入のメリット

個人で事務所を構えて事業をしている方だと、出張で事務所を開けることがあります。もし、そのようなときに事務所に電話がかかってきて誰も電話に出なかったり留守電になっているとなると、出張から戻ってきてからその留守電の要件を確認することになります。もし緊急の連絡であったり、仕事の依頼の電話であったとなると、仕事のビッグチャンスを逃すことにもなりますし、代表電話に電話をしているがいつも留守電だったりつながらないとなると不快に思ってしまう取引先もあります。そこで電話代行業者を導入することです。まず、事務所への電話は電話代行業者に転送されて、コールセンターの専門の経験あるオペレーターが電話応対をしてくれます。

経費削減に代行業者の導入

電話代行業者を導入するメリットですが、事務所を不在にするときでも代行業者に事務所あての電話を転送してもらうことで、経験あるオペレータが電話応対してくれます。そして、要件は自分の携帯電話にメールまたは電話で伝えてくれますので、仕事のビッグチャンスを逃さずに済みます。また、電話代行をしてもらうのであれば人を雇えばいいのではとなるのですが、電話番のために人をやとうといっても人件費がかかってしまいます。それに、社員教育もしなければなりませんので研修費もかかります。それが電話代行業者に依頼をすることで、その人件費をカットすることができますので経費削減にもつながります。電話代行業者にはさまざまなメリットがあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加